よろしい、ならばネトゲだ! 【SS】一章 新大陸へ 第二話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【SS】一章 新大陸へ 第二話

第一章「新大陸へ」の2話目です。

こちらのページ直通で訪問された方は一度、上記タグ「Index」をご覧下さいませ。

まだまだ続くよ!
シスコン&ブラコンのターン\(*´∀`*)/

あ、日記も時々うぷしてます。
小説は【SS】付きタイトルで判断していただけたら幸いです。

以下、追記から本文どうぞー

ss03.jpg

「父上、お話があります」
 入室の許可を得て早々、父の部屋へと入ったリュードは明け透けにそう言い放つ。
「……何だ?」
 チェックをしていた手元の書類から顔を上げて息子の顔を静かに見つめる父、リュグラード。
「私も姉上と共に新大陸へ行かせて下さい」
「ふむ」
 アナンシアが新大陸への許可を得に訪れた時、弟妹達に知られればこうなるだろうとは読んでいたリュグラードは別段驚きもせずに、息子へとその意図を尋ねる。
「理由は? まさかアナが心配だとかいう理由じゃないだろうな?」
「……、否定はしません。しかしそれだけではありません」
「ほう?」
 姉妹離れが出来ぬ息子と思っていたが、強い意志を感じるその眼差しに興味をそそられた。
「私は作家になりたくて、父上の仕事を手伝って来ました。新大陸は今だ未知の土地。本土での十賢者の伝説的な扱いでしかありません。
このような形ではありますが、本土の人間が新大陸へ上陸する事を許されたこの機会に、見聞を広めたいと思います」
 そう言いきった息子の言葉に思わず瞠目した。まだまだ子供だと思い込んでいた我が子は確固たる意志を持ち羽ばたこうとしている。それを隔てる事など出来ようものか。
「……行って来い」
 一抹の寂しさが胸を過ぎったが、晴れやかな笑顔を浮べた息子へと強く頷いた。

ss04.jpg





「アイリお姉様っ!!」
 慌てて自室へと飛び込んで来た末妹に、医学の書物を読んでいた次女のアイリーヌは驚き顔を上げる。
彼女は家族の中で唯一の明るめの褐色の肌の持ち主で、家族の誰とも似ていない事を気にしていた。
幼い頃は心無い者達の声で本当の家族ではないのかと疑った事もあったが、自分の肌の色、そしてこの銀色の髪は父方の祖母の色だと知った。両親はこの肌や髪の色を懐かしそうに愛情を込めた目で見つめ、姉妹達は肌の色を暖かな色だと、背中まで流れる銀の髪の色を絹糸のように綺麗だと褒めてくれた。
 アイリーヌという個人を好いてくれていると言葉の端々に、行動の端々に感じた。だからアイリーヌは家族が大好きだ。そんな大好きで大事な家族の一人、末妹のアリスティンの只ならぬ様子に驚きつつも極めて冷静にその様を嗜める。

「アリス……はしたないわよ? ノックぐらいしなさいな」
「ごめんなさ……それどころじゃありませんの!! アナ姉様とお兄様がっっ!!」
「アリス、落ち着きなさい。まずは深呼吸して?」
 アイリーヌに言われるがまま、スーハースーハーと深く深呼吸を繰り返し、次第に冷静さを取り戻したアリスティンは二つ年上の姉へと向き直り、申し訳なさそうに頭を下げた。
「アイリお姉さまごめんなさい……少し落ち着きましたわ」
「そう、よかったわ。それで一体何があったの?」
 柔らかな笑顔を向け、アリスティンの告げようとしていた話を促す。
「アナお姉さまとお兄様が新大陸に向かうようですの……私不安で、不安で……っ!」
「どうして不安に思うの?」
 再び気が高ぶってきた妹の背を落ち着けるようにと声を掛けながらそっと撫でる。
「だって……お兄様が、不埒者も沢山いるかもしれないって……それに……それに……っ私、」
 ポンポンと背中を優しく叩きそっと抱き締める。
「落ち着いて、ゆっくりでいいの。アリスの考えを私に聞かせてちょうだい?」
「私……私……っ、アナお姉様達と、はなれ、たく、ありません……っ」
 アリスティンの最後の言葉は不安気な涙と混じり小さく零れ落ちた。

ss06.jpg

つづく。
スポンサーサイト
.28 2012 SS comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wiz23.blog.fc2.com/tb.php/48-5e86cd40

カテゴリー

Twitter


(*'▽')/フォロご自由に

◇プライベッター
Privatter

鬼武者紹介コード

紹介コード「VG899269」
鬼武者soulを初めてプレイするのに便利なアイテムが貰えます。
もらえるアイテム等詳しくは「こちら」から。

コード使っても友達が繋がるわけではないので、お気軽にご利用下さいまし。

Webring&Ranking

GE Webring
| List | Ran |

グラナド・エスパダ・攻略ブログ

banner(1).gif
banner(2).gif
banner(4).gif
幻想神域 -Innocent World-・攻略ブログ

コピーライト

・グラナドエスパダ
© 2003-2013 IMC Games Co., Ltd. Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.
・幻想神域
© 2014 X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
・ファンタシースターオンライン
© SEGA PHANTASY STAR ONLINE 2
・鬼武者soul
© CAPCOM CO.,LTD. 2012, 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
・TERA
Published by NHN Japan Corp. Copyright © BlueholeStudio Inc. All right reserved.
・MoE
©Willoo Entertainment Inc. ©Konami Digital Entertainment 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。
・真・三國無双 Online
『真・三國無双 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。」 または、「(c) 2006-2011 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
このホームページに掲載している『真・三國無双 Online』の画像は、『真・三國無双 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーテクモゲームス、またはCJインターネットジャパン株式会社が使用許諾を行ったものです。

三國無双 (*゚∀゚)=3

月別アーカイブ

リンク

PR







お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。